FC2ブログ

「けれど・・・運命を変えたかどうかなんて君にはわかるのかい?」

皆さんこんにちは。
トリガーです。

うーん、やっぱりというか何というか……。
今日行われたベガルタのホーム開幕戦。
優勝候補にも挙げられているFC東京に力及ばず1-2で敗戦してしまいました……。
力及ばずというか、内容的には大分力の差をみせつけられての敗戦でした。
やっぱり相手は試合運びが上手い!ベガルタは終始慌てて落ち着きがなかった印象でした。
プレーも消極的な面が多かったように感じるし、本当に残念。前節の勝利の時にもちらりと見えていましたが、去年から、いやずっと前から課題になってた「自信のなさ」が思いっきり出てたように感じます。
去年、なんとかJ1に残留して、同じ轍は踏まぬぞと補強も練習もした。けど、それだけで今までの状況が変わったかなんてわからない。むしろ同じ運命辿ってない?うーん、結構不安です。
サッカー協会の嫌らがらせ(?)でこの後も強豪との戦いが続きます。早くも正念場だと思うので頑張ってほしいです!

さてさて、タイトルにも書いたこの台詞。とある漫画からの引用で、ベガルタへの想いを書いたと同時に自分たちへの台詞としても書いています。
自分たちなりに努力したと思っても、他人から見たらそうでもなかったり、努力したつもりで実は何も変わってなかったりということは、皆さんも思い当たる節はあるんじゃないでしょうか。
努力する内に、「努力すること」自体が目的となってしまって、本来の目標を見失ってしまう。求めるべきはその成果のはずなのに。自分自身ではなかなかそのことに気付けないので難しい問題です。

これまでのブログで仲間がちらほらと書いていますが、現在ユメノートでは5周年を記念して、とある企画を計画中なのです。
色々な準備や確認事項があるため、正式な発表はおそらく6~7月頃になるかと思いますが、今メンバーはその目標に向かって動いています。
私たちの悪い癖で、計画はすれども実施できずに終わった、ということが多々ありましたので、今回はいっそう気を引き締めて取り掛かっていきたい次第なのです。
準備をすれども準備だけで満足しないように、この漫画の台詞を忘れないように頑張りたい。
そして、皆さんに自信を持って発表できればと思います。

その時まで、どうぞお待ちください。
今後もよろしくお願いします!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユメノート

Author:ユメノート
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる